HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
練馬区Y様邸屋根改修工事
既存瓦棒屋根の葺き替え
 
築役40年の木造2階建住宅です。屋根材の鉄板が赤錆でボロボロになり朽ち果ててきました。
バールを使い1本ずつ釘を抜いて鉄板を取り外して行きます



既存屋根材を全て取り外し下地の野地板(12m/m針葉樹ラーチ合板)を全面的に増し張りします。


増し張りした野地板の上からゴムアスルーフィングを敷き込みます。
そしてその上から桟木を打ち付けていきます。



新しい屋根材の施工です。この屋根材を「瓦棒屋根」と呼びます。軽量で地震が多い
関東方面で戦後に多く採用された屋根材です。低勾配にも対応できるのが特徴で
コロニアルや瓦屋根の施工ができない勾配の屋根に多く使われています。
低コストという利点もありますが断熱性と雨音という防音性には対応していません。



完成です。今回はガルバリウム鋼板製の屋根材なので以前の様な赤錆でボロボロになることは
簡単にはなりません。以前の亜鉛鋼板の約4倍の耐久性があるといわれています。
施工後10〜15年の間に塗装を施せば更に耐久性が増します。