HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
練馬区K様邸


外壁のタイルに多くの亀裂が入り所々剥離していきます。修理の工法として工期が
短縮出来て比較的安上がりな金属サイディングでのカバー工法を選びました。



下地材の取り付けです。樹脂性の建材(銅縁といいます)
をタイルの上に穴を空けてビスで固定します。
 


ベランダの笠木が錆びてきたので交換する事にしました。


古い笠木を外して新しく作った笠木を取り付けしました。


金属サイディングを下地材(銅縁)にビスで一枚一枚固定します。




サイディングの役物の加工です。サイディングには役物といって各コーナーに
様々な形状の部材を使用して機能性と美観を保持しています。



玄関廻りの複雑な箇所の作業です。職人の腕の見せ所です。
長年の経験と高い技術が必要な作業です。


2階部分の施工です。足場の上からからの作業で危険が伴います。
慎重に作業していきます。


出窓部分の施工は採寸の難度が高くm/m単位の精度が要求されます。
複雑に出た窓の廻りは廻り線という役物を使用します。


最後の仕上げ工事です。
各部の隙間を丁寧にシーリングして塞いで行きます。


美しくて、そして丈夫に仕上がりました。これで外壁からの
雨水をシャットアウトして住宅の寿命を大きく向上させます。