HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
千葉市T様邸 
屋根改修工事(カバー工法)


コロニアル屋根が所々割れてきました。部分的な修理も検討しましたが
何度も修理するより全面的にリフォームした方が長い目で見て良いのでは
と考え金属屋根でのカバー工法を採用しました



既存棟板金を撤去しました。永年の風雨でヒビ割れてきています。


ルーフィングの敷き込み後の板金材の取り付けです。
谷という部分え屋根上の雨樋の役割をする板金です。


換気棟の下地の部分です。棟木にはハイブリット建材を使用しています。
木材より高耐久性の建材です。



換気棟のベース材を取り付けました。
真ん中に空いたスキマから屋根裏の熱気を放出します。


換気棟のカバーを取り付けました。上部に空いたたくさんの長細い穴から
天井裏の熱気を外部に放出します。外部からの雨水の浸入を防ぐ構造になっています。
屋根材はアイジー工業(株)製「ガルテクト」