HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
奈良市Y様邸 屋根改修工事(カバー工法)

築後30年以上のコロニアル屋根です。新築以後一度もメンテナンスを
していない為コロニアルの基材が露出してコケが繁殖しています。


塗装でのリフォームは無理と判断してカバー工法による
屋根リフォームを採用することにしました。


既存の板金役物を全て取り外します。


防水用のルーフィングを貼って軒先側に板金役物を取り付けます



金属屋根材の施工です。長さ約3mのガルバリウムのガルバリウム
鋼板製の屋根材を1枚1枚ジョイントしてビスで固定します。


板金役物の取り付けです。棟と呼ばれる屋根のてっぺんに
被せて雨水の浸入を防ぎます。


完成です。断熱材一体型の屋根材なのでコロニアルより約10℃も低い断熱
効果があります。更にガルバリウム鋼板の上から遮熱塗装を施しているので、
一属の効果が期待出来て、夏は涼しく冬は暖かい快適な住環境を実現します。
屋根材はニチハ叶サ「横暖ルーフ」