HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
船橋市S様所有のアパートの雨漏り修理工事。
既存コロニアル屋根から金属屋根の重ね葺き(カバー工法)


屋根に登っての点検作業に入ります。雨漏り箇所の特定にはペットボトルに入れた水を実際に
注水して行います。その他屋根材の劣化状況や板金役物の取り付け具合等の点検も行います。



点検の結果既存コロニアル屋根材の劣化が進んだ事で、水分を含み多量の降雨時に部屋内部に
漏水している事が判明。対処法として金属屋根材でのカバー工法を採用する事となりました。



既存コロニアル屋根材の上にゴムアスルーフィングを施工します。
雨漏り修理が目的ですのでこのルーフィングの施工には万全を期して行います。



金属屋根本体の施工です。棟板金の部材に長方形の小さな穴が沢山空いています。
この棟の部材を「換気棟」といいます。「換気棟」とは屋根裏と天井に籠もった熱気を抜く為の装置です。



換気棟は屋根裏の熱気は外部に放出しますが、
外部からの雨水の進入を防ぐ機能が備わっています。



完成です。アパート経営にとっては長い目で見たメンテナンス費用がとても重要となります。
ガルバリウム鋼板製の屋根材を採用することによって後々のメンテナンスが他の材質の屋根材
に比べて安く簡単に出来るのが経済的だと考え採用されました。
屋根材はアイジー工学製「ガルテクト」