HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
世田谷区M様邸屋根改修工事
コロニアル屋根に金属屋根材の重ね張り(カバー工法)


築28年の木造住宅です。コロニアル屋根材に寿命が来ています。
屋根材の表面が激しく劣化しています。



いたる所で塗膜が剥がれ落ちてコロニアルの基材が露出し、雨水を吸水しています。


10年程前に一度屋根塗装しましたが屋根点検の結果今回はコロニアルの基材の劣化が
著しいため再塗装が無理と判断。(再塗装してもすぐに塗装が剥がれ落ちる)
金属屋根材での重ね葺きを採用する事としました。



アスファルトルーフィングの施工です。防水用として屋根面全体に敷き込みます。
重ね合わせながら1枚1枚野地板に固定していきます。


天窓部の施工です。廻りに水切り役物を取り付けます。2重3重の雨舞いを行います。



主棟部の施工です。ケラバ部にケラバ役物を取り付けます。


寄せ棟の下り棟部です。特にゴムアスルーフィングの重ね合わせを広くして防水性を高めます。



以前のコロニアル屋根材の様に何度も塗装の必要がありません。メンテナンス性に優れた
ガルバリウム鋼板製の屋根材です。断熱材の一体成型なので今迄より大幅に断熱性能が
期待出来る省エネ住宅の完成です。屋根材はアイジー工業製「ガルテクト」