HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
東京都練馬区I様邸
既存コロニアル屋根材を撤去して金属屋根材での葺き替え工事を採用


既存コロニアル屋根材の劣化がひどい為に撤去する事になりました。
古い防水紙がいたるところで破れています。


屋根の勾配が急で作業が困難なので、仮設の足場も
落下防止対策として特別な施工をしています。



既存コロニアル屋根材の撤去が完了しました。撤去した屋根材は荷揚げ用の
昇降機で地上に降ろされ産廃として所定の廃棄場に運ばれます。



屋根の明かり取りの部分です。「トップライト」という天窓です。


新しい防水用のゴムアスルーフィングの施工です。以前の防水紙とは
材質が全く違います。ゴム質のため弾力性に富みやぶれたり切れたり
しにくく、耐用年数も大幅に向上しています。



トップライト部分のルーフィング施工です。この場所は雨漏りのリスクが高い
ので作業は慎重に行います。アスファルトルーフィングを二重、三重にして更に
防水用のブチルテープを施工します。念には念を入れての作業となります。


ガルバリウム鋼板製の屋根材本体の施工が完了しました。
複雑な屋根形状なので採寸は注意を払って慎重に行いました。


下り棟と主棟の棟木の施工です。ハイブリット建材を採用しました。
木製に比べソリや腐食の心配がなく耐久性に優れた材質です。



棟木の取り付けです。棟木の取り付けにはビスを使用します。
釘を使用すると長年のうちにゆるんで抜ける事が多く有ります。
台風などの強風に煽られても棟板金が飛ばない様にビスでガッチリ固定します。



棟板金の取り付けです。継ぎ目の突き合わせ部分にはコーキングで
雨仕舞いします。屋根材はアイジー工業製「ガルテクト」