HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
練馬区T様邸屋根改修工事
既存コロニアル屋根の重ね葺きの工事です(カバー工法)
 
コロニアル屋根材本体塗膜の劣化が進行しています。板金材も変形してきています。
全体的に寿命が来ていると考えられます。



割れが見られます。強風に煽られ割れて飛散したと考えられます。
コロニアル基材の強度の劣えが見られます。


コロニアル屋根材本体の重ね合わせ部に多くの浮きが見られます。
屋根材が水を吸ったために反りが発生したのが原因です。



棟の板金材と屋根材との間に多くの隙間が見られます。コロニアル屋根の劣化が
原因で強風雨時にいたる所から雨水が浸入している事が分かり金属屋根材の
重ね張りをする事にしました。



既存コロニアルの上から防水用のゴムアスルーフィングを屋根全体に敷き詰めます。


ガルバニウム鋼板製の屋根材です。断熱材が一体成型されているので抜群の
断熱性能を発揮します。屋根材本体は独自のハゼ折り返しで4重防水構造になっていて
防水性能に優れた屋根材です。



寄せ棟屋根の下り棟部です。軒先側には雪止め金具を設置しました。


主棟端部の雨漏り修理の後です。以前何度も雨漏りしたので
コーキングをベットリ塗って応急処置を何度も施した痕跡です。



寄せ棟の主棟・下り棟も棟板金で美しく仕上がりました。これで雨漏れの心配もありません。
メンテナンスも楽なのでコストパフォーマンス優れた屋根材だといえます。
屋根材はニチハ叶サの「横暖ルーフ」※カバー工法