HOME 事業所紹介 施工例 会社概要                   
 
埼玉県入間市K様邸屋根改修工事
コロニアル屋根材の上から金属屋根の重ね葺き工事(カバー工法)

 
築25年の木造住宅で10年程前に屋根の塗装をしていますが塗料がはがれて
再塗装が必要になってきました。更に棟板金も以前に強風に煽られて飛散した
ことが有り都度を修理をして来ましたが各所に不具合が出て来たのでこの際に
金属屋根材での重ね葺きをする事にしました。



既存の棟板金を取り外しての軒先側からゴムアスルーフィングの施工です。


屋根全面をルーフィングで敷きこみます。この作業は台風等の強風と大雨の時の
漏水対策として重要な作業となります。1枚1枚丁寧に重ね合わせて大雨強風時に
雨水が浸入してもガードし雨漏りを防ぎます。



屋根廻りの役物の取付けです。軒先部やケラバ部は専用の部材で納めます。
見た目にも気を使った屋根材です。



屋根材本体の施工です。屋根廻りに取付けた役物に本体を差し込んで軒先側から
1枚1枚嵌め込みながら施工します。小さな金具は専用の雪止め金具です。
冬場の大雪でも落下を防ぎます。



屋根廻りの木製破風も板金巻しました。
その上に樋の受金具を取り付けました。



雨樋の施工です。新しい雨樋は角型で大きな容量なので大雨時のオーバーフローにも対応出来ます。


棟板金も以前の物は釘で固定していましたが、今回はビス止めにしました。
これで簡単にはずれる事がありません。



シャープにそして美しく仕上がりました。今迄に何回も塗装や修理をしてきましたが
これで20年以上安心です。屋根材はアイジー工業叶サ「ガルテクト」※カバー工法